赤ちゃんお風呂の入れ方

赤ちゃんお風呂の入れ方を動画で解説

母親学級で習ったけど、いざ自宅で赤ちゃんをお風呂に入れようと思うと不安
あれ、どうするんだっけ??
そんな不安を解決するための動画が公開されていました

 

一人でも簡単に出来る赤ちゃんお風呂の入れ方です

 

 

あかちゃんお風呂グッズ

動画でも利用していますが、やはりベビーバスを利用して台所で赤ちゃんお風呂が一般的かな
ちなみに、私は、赤ちゃん本舗でリッチェルの空気式のベビーバスを購入して赤ちゃんをお風呂に入れていたのですが

 

赤ちゃんお風呂の入れ方を動画で解説

 

すぐに、だめになってしまいました
あとあと邪魔になるからと捨て易いように空気式にしましたが

 

プラスチック製のベビーバスをはじめから買っておけばよかったとすごく後悔しましたよ

 

沐浴剤として、利用したのはスキナベーブでした
赤ちゃんお風呂の入れ方を動画で解説

 

逆にこれ以外を使っている人っているのかな?っていうくらい
まわりの人、みんなスキナベーブです
石鹸に比べて手順が簡単でって事なので、石鹸で洗うのも一般的なのかな?

 

赤ちゃんは、肌がつるつるって印象ですが実は、かなり乾燥しやすい
繊細な肌なので、入浴に関しても注意が必要ですよね

 

アトピー肌だったりしたら、アトピー用の石鹸を使ってあげたほうがいいでしょうし

 

赤ちゃんの体を、タオルでゴシゴシ擦るママさんはいないと思いますが
スキナベーブだとお湯に入れて、そのお湯を手でかけてそのまま
洗えるので非常に楽チンで便利でした

お風呂上りは何を飲ませるの?

赤ちゃんはお風呂上りの水分も大切です
義母に言わせると、湯上りに白湯を飲ませなさいというのですが
産婦人科では、白湯を飲ませなくてもいいといわれていました
ここら辺の悩みも多くあるようで「赤ちゃん白湯」で検索したら
色々と出てきました
上記のサイトは、私と同じように出産をきっかけにアクアクララを申し込んでいたので非常に親近感がわきました(笑)

 

で、同じように母から白湯といわれたみたいですが
どうやら湯上りに白湯を飲ませるというのは、昔の考えみたいですね

 

基本的には、母乳をあげるのが一番良いみたいです

 

昔は、母乳の出が悪いとか、子供がたくさんで赤ちゃんにつきっきりにしてられなかったなど
色々な事情があって、白湯を飲ませていたみたいですが

 

産婦人科の先生も、母乳をあげられるなら母乳を上げてくださいという考えみたいです

 

ただ、これはきっと人それぞれの考えがあると思うのでなんとも言えませんね

 

義母が湯上り=白湯という考えだとかなり戦うのが大変です
自分の母親だったら、強くいえるんですがね・・・

 

クリスマスも近づいたある日。いつも仕事で忙しいパパが久しぶりにお休みなので「どこか行こうか〜」ってことになりました。
それを聞いた小学6年の娘が「IKEA! IKEA!」と叫んでいます。
最近、インテリアに興味を持ちだした小学6年の娘は、前に一度家族ででかけたIKEAにすっかり魅了されているのです。
季節がらクリスマスグッズがたくさん出ているだろうし、この時期の買い物が楽しくないわけありません。
早速、IKEAへ出発〜!
自宅からIKEA鶴浜店まで車で1時間くらい。途中、パパが娘の2学期の成績不振の説教を始めたので、車内に険悪な空気が漂ったけど……まぁ、ドライブ、ドライブ。

 

お昼にIKEA到着。
エントランスでお買い物ガイドを手に取ると、一気に買い物モードにスイッチが入る私たち家族。
新しいテレビ台が欲しいパパ。素敵にコーディネートされた家具を見て回るだけで楽しい娘。自分へのクリスマスプレゼントに使いやすくお洒落なキッチン小物を探したい私。
それぞれ目的をもってテンションが上がっていきます。
2Fのショールーム。こんなきれいな台所なら外食なんてせずに毎日毎食ご馳走を作るのになぁ。
娘も「こんな子ども部屋なら勉強むっちゃはかどる!」などと言ってる……。
とはいえ「よし、子ども部屋も台所も取り替えちゃおう!」っていうのは現実的ではないので、いつかこんなところに住みたいね〜と夢見心地になるだけ。
でも、いつか、できる範囲で実現しよう。そのために働こう、お金貯めよう、頑張ろう!

 

結局、娘はスタイリッシュなデスクスタンドを、私はオイル&ビネガーボトルをチョイス。
悩みに悩んだ赤ちゃんモデルの娘。ほしければなんでも買うのではなく、予算と相談しながら厳選して手に入れるという消費行動を学んでいるみたい。家族そろって買い物に行くのは家庭教育として大切ですぞ。
パパは2000円しないプチプラなテレビ台をGETして、皆、ご機嫌。
クリスマスにはリビングに新しいテレビ台が誕生してるかな〜。仕事の休みは半年に数日というパパ、いつテレビ台を組み立てるのでしょう。
(後日談:こんな私の心配は杞憂で。翌日には娘がテレビ台を完成させてました。インテリア好きの娘はDIYもお手のもの…笑)。

 

さて、小腹が減ってきたところで、ビストロにてホットドッグ&ドリンクタイム。
ピクルスやマスタードをたっぷりトッピングしてかぶりつくホットドックのおいしいこと! これも我が家のIKEAツアーのお楽しみのひとつです。
ここで食べたホットドックと同じパンとソーセージは隣接するフードマーケットで買って帰るのもお約束。IKEAファミリーカードでお得に購入できます。
ほかにも、クリスマス柄のナフキンだの北欧テイストなクロスだのシンプルな白い丸皿だの(「私が朝ごはん作るから、お皿買って〜」と訴える娘に負けた)を買い物バッグに投入。支払いを済ませ、すっかりハッピーになって帰途についたのでした。
帰宅後、家計簿をつけてちょっと青ざめたけど……まぁいいか。楽しかったし! こんな感じで過ごす休日の幸せをしみじみとかみしめたよ〜。